マスターズリーグの試合を東京ドームへ見に行こう!
次の試合は12月16日火曜18時半、お正月1月2日18時はご家族でどうぞ!試合のスケジュール>>
11月24日:東京vs.札幌


◆東京ドリームス - 札幌アンビシャス 1回戦 
11月24日(月曜・祝) 14時21分開始 : 東京ドーム
◆先発:(東京)河野博文 − (札幌)佐藤義則
◇観衆数/ 15,000人
 TBS日曜の
「サンデーモーニング」
サブキャスター
津島亜由子さんの始球式
札幌1勝0敗0分 (対戦成績:札幌1勝0敗0分)   試合時間:2時間27分  
  1 2 3 4 5 6 7 8 9 備考
札幌アンビシャス
福沢洋一が決勝犠飛
東京ドリームス
× 4併殺打が響く

                 ●●
プロ野球マスターズリーグの試合記録はスポーツ・アクセス小野俊哉が提供しています。
 
勝利投手 松沼博久 1勝0敗0S  札幌
バッテリー
佐藤、藤城、池谷、津野、新浦、松沼、横田 − 福沢
Sセーブ 横田久則 0勝0敗1S
敗戦投手 石毛博史 0勝1敗0S 東京
バッテリー
河野、斉藤、増本、遠藤、大川、西崎 − 伊東、市川
本塁打:


福沢洋一が決勝犠飛。横田久則が好リリーフで、札幌アンビシャスが先勝!

8回、決勝の犠飛の福沢洋一(ロッテ・捕手)


大川章(ヤクルト、日ハム)がナイスピッチング

マスターズリーグを支えている欠かせない投手
横田久則のダイナミックな投球

今季、初セーブを上げる


石毛博史は143キロを計測

WBCコーチに就任した伊東勤は2安打を放つ

東京ドリームス
(撮影:小野俊哉)
池谷公二郎のピッチング

初芝清を打ち取り、大宮龍男から併殺打

球審は小林毅二。審判の真剣さがマスターズリーグのレベルの高さを物語る

捕手は札幌アンビシャスの福沢洋一

東京ドリームスが、札幌アンビシャスを迎えての開幕ゲーム(リーグ2試合目)。先制したのは、柴田勲監督が率いる札幌アンビシャス。2回、4番を張る石毛宏典が先頭で出塁。これを足掛かりに、福沢洋一と高橋雅裕がタイムリーを放ち3点で試合をリードした。

 一方の、江夏豊監督の東京ドリームス。3回、新加入の宮川一彦(横浜)がタイムリーで1点を還し、しかし佐藤洋(巨人)が足を痛めてしまい、屋鋪要の二塁打で生還できなかったのが惜しまれた。6回は、本西厚博が好走塁。初芝清の内野ゴロで2点目と追い上げる。7回は、鈴木健のタイムリーが飛び出し、3対3の同点に。この日の試合は、回が進むにつれ白熱した試合が展開された。

 追いつかれた札幌アンビシャスは、8回表に無死満塁のチャンスをつかむと、7番スタメンマスクの福沢洋一が決勝の犠飛。昨年首位打者とMVPを獲得の石井雅博が生還し、4点目と突き放す。柴田勲監督は、8回裏から切り札の横田久則を投入。横田は要所で内、外角へキレのいいストレートを決め、落差のあるカーブがドリームス打線を翻弄。2イニングを無失点で切り抜け、柴田勲・新監督に初勝利をプレゼントした。

 東京ドリームスの敗因は、終盤の継投かもしれないが、7人目に登板の石毛博史は石井雅博に投じた4球目、143キロを計測。満席になった東京ドーム(内野席)を大いに沸かせているのだ。ピッチングはスピードより制球、とファンは言うが、しかし、夢の剛速球投手を見たいのも、またファンの心裡なのだ。

 札幌の勝利投手は、アニやん松沼博久。7回裏、東京ドリームスが2死満塁と詰め寄ったところで、6番手で登板。4番・駒田徳広をセカンドゴロに打ち取っている。

札幌アンビシャスの柴田勲監督「選手はよくやってくれたし、やはり我々はプロ。ここぞのポイントで期待に応える野球を、これからも見せたい」とヒーローインタビュー。そして、黒星発進した江夏豊監督。試合後「やっぱり勝ちたかった。勝利してこそ、楽しく野球をやれる。こっちは15安打で、向こうは7安打か・・・。やはり4併殺打が影響したかな。でも、選手たちは仕事をしながらの野球。次は、勝って喜びを分かち合いたいね」と話していました。


  
先攻:札幌アンビシャス
打順 守備 選手名 打率 打席 得点 打数 - 安打 2塁打 3塁打 本塁打 打点 三振 四球 盗塁
1 CF 高橋雅裕 .200 5 0 5 - 1 1 0 0 2 1 0 0
2 2B 鈴木康友 .000 5 0 5 - 0 0 0 0 0 2 0 0
3 LF 石井雅博 .333 4 1 3 - 1 0 0 0 0 0 1 0
4 SS 石毛宏典 .667 4 1 3 - 2 0 0 0 0 0 1 0
5 RF 駒崎幸一 .000 4 0 3 - 0 0 0 0 0 1 1 0
6 3B 小牧優一 .250 4 1 4 - 1 0 0 0 0 0 0 0
7 C 福沢洋一 .333 4 1 3 - 1 1 0 0 2 0 0 0
7 1B 萩原康弘 .250 4 0 4 - 1 1 0 0 0 3 0 0
9 DH 若松勉 .000 2 0 1 - 0 0 0 0 0 0 1 0
代走 - 松沼博久 .000 0 0 0 - 0 0 0 0 0 0 0 0
(守) - 加藤俊夫 .000 2 0 2 - 0 0 0 0 0 0 0 0


後攻:東京ドリームス
打順 守備 選手名 打率 打席 得点 打数 - 安打 2塁打 3塁打 本塁打 打点 三振 四球 盗塁
1 CF 屋鋪要 .400 5 0 5 - 2 1 0 0 0 1 0 0
2 SS 宮川一彦 .500 2 0 2 - 1 0 0 0 1 0 0 0
代打 LF 鈴木健 .333 3 0 3 - 1 0 0 0 1 1 0 0
3 2B 本西厚博 .250 5 1 4 - 1 0 0 0 0 0 1 0
4 1B 駒田徳広 .400 5 0 5 - 2 0 0 0 0 0 0 0
5 3B 初芝清 .400 5 0 5 - 2 0 0 0 1 0 0 0
6 C 伊東勤 .667 3 0 3 - 2 0 0 0 0 0 0 0
(守) C 市川和正 .500 2 0 2 - 1 0 0 0 0 0 0 0
7 DH 大宮龍男 .000 4 0 4 - 0 0 0 0 0 1 0 0
8 RF 中野佐資 .333 4 0 3 - 1 0 0 0 0 0 1 0
9 LF 佐藤洋 1.000 1 0 1 - 1 0 0 0 0 0 0 0
代走 - 西崎幸広 .000 0 1 0 - 0 0 0 0 0 0 0 0
(守) SS 元木大介 .500 3 1 2 - 1 0 0 0 0 0 1 0


(投手成績)
札幌アンビシャス
- 選手名 登板 投球回 防御率 勝利 敗戦 セーブ 打者 球数 被安打 三振 四球 死球 失点 自責点 暴投 ボーク
- 佐藤義則 1 1 0.00 0 0 0 3 13 0 0 0 0 0 0 0 0
- 藤城和明 1 2 4.50 0 0 0 10 32 5 0 0 0 1 1 0 0
- 池谷公二郎 1 1 0.00 0 0 0 3 10 1 0 0 0 0 0 0 0
- 津野浩 1 2 4.50 0 0 0 8 31 3 0 1 0 1 1 0 0
- 新浦壽夫 1 2/3 13.50 0 0 0 6 28 1 0 2 0 1 1 0 0
松沼博久 1 1/3 0.00 1 0 0 1 3 0 0 0 0 0 0 0 0
横田久則 1 2 0.00 0 0 1 11 46 5 3 0 0 0 0 0 0

東京ドリームス
- 選手名 登板 投球回 防御率 勝利 敗戦 セーブ 打者 球数 被安打 三振 四球 死球 失点 自責点 暴投 ボーク
- 河野博文 1 2 13.50 0 0 0 11 46 4 5 1 0 3 3 0 0
- 斉藤明夫 1 1 0.00 0 0 0 4 10 1 0 0 0 0 0 0 0
- 増本宏 1 1 0.00 0 0 0 4 14 1 0 0 0 0 0 0 0
- 遠藤一彦 1 1 0.00 0 0 0 4 10 1 0 0 0 0 0 0 0
- 大川章 1 1 0.00 0 0 0 3 8 0 1 0 0 0 0 0 0
- 西崎幸広 1 1 0.00 0 0 0 3 6 0 0 0 0 0 0 0 0
石毛博史 1 0/3 0 1 0 3 15 0 0 3 0 1 1 0 0
- 阿波野秀幸 1 2 0.00 0 0 0 6 27 0 1 0 0 0 0 0 0



  ※無断で写真の使用、転送などを禁じます(プロ野球マスターズリーグ/スポーツ・アナリスト小野俊哉)。
<<Topページへ マスターズリーグのホームページ>>
08-09

試合結果 チーム順位 チーム別個人成績
投手 タイトル 打者 タイトル