07-08

<<トピクス(Topページ)へ マスターズリーグのホームページ>>

01月27日:札幌vs大阪リーグ最終戦07-08プロ野球マスターズリーグ

◆札幌アンビシャス - 大阪ロマンズ 2回戦 札幌アンビシャスが優勝
01月27日(日曜) 13時58分開始 : 札幌ドーム
◆先発:(札幌)佐藤義則 − (大阪)村田辰美
◇観衆数/ 23,500人


札幌6勝2敗0分 (対戦成績:札幌勝2敗0分)   試合時間: 2時間12分  
  1 2 3 4 5 6 7 8 9 備考
大阪ロマンズ
村上眞2二塁打
札幌アンビシャス
× 11 吉永2発7打点

                 ●●
プロ野球マスターズリーグのデータはスポーツ・アクセス小野俊哉が提供しています。
 
勝利投手 津野浩 2勝0敗0S  大阪
バッテリー
村田、中田、柴田、野田、山崎、小林 − 有田、和田
Sセーブ なし
敗戦投手 野田浩司 0勝1敗0S 札幌
バッテリー
佐藤、有沢、松沼、津野、新浦、横田、藤城 − 小牧、吉永、加藤
本塁打:吉永幸一郎2号満塁(4回柴田佳主也)
    吉永幸一郎3号3ラン(6回野田浩司) 


■札幌アンビシャスが逆転勝利のV3を達成!吉永幸一郎が満弾、3ランを連発の7打点。

5割1分5厘の首位打者を獲得した石井雅博

札幌アンビシャスの石井雅博は
マスターズリーグ史上の最多出場を誇る


(撮影:小野俊哉)
最多投球回にして防御率1位の津野浩

通算100イニング突破は史上二人目。
今季は最多奪三振タイトルの2冠


 大阪ロマンズが6対1と序盤に大量リードをするも、札幌アンビシャスは4回裏、この日9番で出場した吉永幸一郎が、1死満塁のチャンスにライトスタンドへライナーで運び6対6の同点。5回に1点を勝ち越されると、6回裏には鈴木康友、若松勉の連打で1−3塁とし、野田浩司の3球目を吉永がまたもライトスタンドへ叩き込む3号3ラン。9対7と逆転した。

 札幌は7回以降、津野浩、新浦壽夫、横田久則、藤城和明の黄金リレーで大阪ロマンズを無失点に封じ、結局11対7で勝利。2年ぶり3度目の優勝を、文句無しの単独首位で決めた。

 選手たちが柴田勲・監督代行を胴上げ。柴田・監督代行は「次は負けるんじゃないか、と思うと苦しかった。しかし試合を重ねる度に選手がたくましく見えた。これで、土井監督にいい報告が出来る」と大粒の涙をこぼし喜びを語った。

 吉永幸一郎は7打点を上げ、石井雅博の11打点を抜き12打点の打点王を一夜にして確定させた。石井雅博は、前の試合で痛めた足を押して代打で登場。三振に倒れたが、33打数17安打の5割1分5厘の首位打者と最多安打のタイトルを獲得した。

 また、防御率1位のタイトルは、札幌の津野浩。奪三振も最多の11を奪い2冠(福岡の若田部健一も11奪三振でタイ)を達成した。

 札幌アンビシャスのチーム打率は3割9分7厘の129安打。最下位に終わった大阪ロマンズの52安打の倍以上を打ち込んだ破壊力がすばらしく、さらには4先発を含んで全試合に登板した佐藤義則が安定したピッチングを見せ、防御率3.27は貫禄。なにより津野浩が最多投球回にして、無失点は大きく、橋本清、横田久則など強い投手が相手をねじ伏せた一方、松沼博久、新浦壽夫が要所で味のある投球はマスターズリーグファンを唸らせた。


 さて、MVPは誰なのか。候補は今季全試合に登板、最多投球回18イニングにして2勝を上げ、無失点に封じた津野浩と、今季初本塁打を放つなど17安打を打ち込み首位打者、最多安打と貢献した石井雅博の二人だろう。津野浩は、通算投球回が127イニングと史上二人目の100イニングを突破。通算防御率も2.55の成績は安定感が抜群だ。石井雅博もまた、これまでマスターズリーグのチーム全80試合のうち78試合に出場は、マスターズリーグ史上最多出場である。


  
先攻:大阪ロマンズ
打順 守備 選手名 打率 打席 得点 打数 - 安打 2塁打 3塁打 本塁打 打点 三振 四球 盗塁
1 CF 福間納 .190 5 2 4 - 1 0 0 0 0 0 1 0
2 3B 南牟礼豊蔵 .333 5 1 5 - 1 1 0 0 1 1 0 0
3 RF 佐々木誠 .238 5 1 5 - 1 1 0 0 1 0 0 0
4 SS 村上隆行 .241 5 0 5 - 1 0 1 0 2 2 0 0
5 LF 八木裕 .214 4 1 3 - 1 1 0 0 1 0 1 0
6 DH 村上眞一 .278 4 1 4 - 2 2 0 0 1 0 0 0
7 1B 小川亨 .231 2 0 2 - 0 0 0 0 0 0 0 0
(守) 3B 久慈照嘉 .333 2 0 2 - 1 0 0 0 1 0 0 0
8 2B 南淵時高 .190 3 1 3 - 1 0 0 0 0 0 0 0
代打 - 栗橋茂 .000 1 0 1 - 0 0 0 0 0 0 0 0
(守) LF 藤本貴久 .000 0 0 0 - 0 0 0 0 0 0 0 0
9 C 有田修三 .308 3 0 3 - 2 0 0 0 0 1 0 0
代打 - 川藤幸三 .167 1 0 1 - 0 0 0 0 0 0 0 0
(守) C 和田徹 .000 0 0 0 - 0 0 0 0 0 0 0 0


後攻:札幌アンビシャス
打順 守備 選手名 打率 打席 得点 打数 - 安打 2塁打 3塁打 本塁打 打点 三振 四球 盗塁
1 2B 広瀬哲朗 .176 5 1 5 - 1 1 0 0 1 0 0 0
2 1B 上川誠二 .259 5 0 5 - 1 0 0 0 0 1 0 0
3 RF 荒井幸雄 .464 5 0 5 - 1 0 0 0 1 0 0 0
4 SS 石毛宏典 .400 5 1 5 - 2 0 0 0 0 0 0 0
5 LF 駒崎幸一 .412 4 1 3 - 2 1 0 0 0 0 1 0
6 C 小牧優一 .345 4 0 4 - 0 0 0 0 0 0 0 0
7 3B 鈴木康友 .448 4 2 4 - 3 0 0 0 0 0 0 0
(守) 3B 鮎川義文 .500 0 0 0 - 0 0 0 0 0 0 0 0
8 DH 若松勉 .333 3 0 2 - 1 0 0 0 1 0 1 0
代走 - 萩原康弘 .250 0 3 0 - 0 0 0 0 0 0 0 0
代打 - 石井雅博 .515 1 0 1 - 0 0 0 0 0 1 0 0
9 CF 松本匡史 .333 1 0 1 - 1 1 0 0 1 0 0 0
(守) C 吉永幸一郎 .409 3 3 3 - 3 0 0 2 7 0 0 0
(守) C 加藤俊夫 .500 0 0 0 - 0 0 0 0 0 0 0 0


(投手成績)
大阪ロマンズ
- 選手名 登板 投球回 防御率 勝利 敗戦 セーブ 打者 球数 被安打 三振 四球 死球 失点 自責点 暴投 ボーク
- 村田辰美 7 3 2.51 0 2 0 12 32 3 0 0 0 1 0 0 0
- 中田良弘 4 1/3 10.80 0 0 0 5 22 2 0 2 0 4 4 0 0
- 柴田佳主也 8 1 2/3 1.64 0 0 0 7 30 2 1 0 0 1 1 0 0
野田浩司 7 1 10.57 0 1 0 6 16 3 0 0 0 3 3 0 0
- 山崎慎太郎 8 1 3.77 1 2 1 5 21 2 1 0 0 0 0 0 0
- 小林宏 7 1 3.52 0 0 1 5 11 3 0 0 0 2 2 0 0

札幌アンビシャス
- 選手名 登板 投球回 防御率 勝利 敗戦 セーブ 打者 球数 被安打 三振 四球 死球 失点 自責点 暴投 ボーク
- 佐藤義則 8 2 3.27 2 0 0 14 34 6 2 1 0 6 3 0 0
- 有沢賢持 4 1 4.91 0 0 0 3 8 0 0 0 0 0 0 0 0
- 松沼博久 6 2 5.40 0 0 0 9 31 3 0 0 0 1 1 0 0
津野浩 8 2 0.00 2 0 0 7 27 1 1 1 0 0 0 0 0
- 新浦壽夫 7 1 0.00 0 0 0 3 7 0 0 0 0 0 0 0 0
- 横田久則 5 2/3 3.86 0 1 0 3 10 1 0 0 0 0 0 0 0
- 藤城和明 3 1/3 0.00 0 0 0 1 5 0 1 0 0 0 0 0 0



試合結果 チーム順位 チーム個人成績
  投手タイトル
 打者タイトル