07-08

<<トピクス(Topページ)へ マスターズリーグのホームページ>>
12月18日:東京vs名古屋07-08プロ野球マスターズリーグ

◆東京ドリームス - 名古屋80D’sers 2回戦 
12月18日(火曜) 18時31分開始 : 東京ドーム
◆先発:(東京)若生智男 − (名古屋)鈴木孝政
◇観衆数/ 21,600人

名古屋3勝2敗0分 (対戦成績:名古屋1勝1敗0分)   試合時間: 2時間21分  
  1 2 3 4 5 6 7 8 9 備考
名古屋80D’sers
鈴木伸良2点先制打
東京ドリームス
若生智男が先発!

                 ●●
プロ野球マスターズリーグのデータはスポーツ・アクセス小野俊哉が提供しています。
 
勝利投手 鈴木孝政 1勝0敗0S  名古屋
バッテリー
鈴木孝、鹿島、今中、小島、落合、野中 − 鈴木伸、杉山
Sセーブ なし
敗戦投手 若生智男 0勝1敗0S 東京
バッテリー
若生、西崎、森山、川尻、増本、村田、河野、石毛、阿波野 − 伊東、市川、大宮
本塁打:


名古屋80D’sersが東京に勝利!2位に浮上。村田兆治は139キロも1失点
1月2日の東京ドームで140キロを目指す

東京ドリームスの村田兆治
6回表、村田兆治からタイムリーの斉藤浩行

名古屋80D’sersの斉藤浩行

東京ドーム。2万人を越えるファンが見守るなか、大事な試合となれば、選手の表情も引き締まる。「1試合の勝敗が重いし、東京には負けたくないしね。」と、名古屋80D’sersの杉下茂監督。一方、今季は連勝が続き、首位を走る東京ドリームスの土橋正幸監督は、「これだけのファンが来てくれたのだから、とにかく熱戦にしたい。それから、気合を入れすぎると、選手の故障が怖い。それが心配。」と話していました。

東京ドリームスの先発は、予想通りに70歳の若生智男。そして、試合開始のオープニング対決の打席に立ったのが「ちょうちん打法」の71歳は中利夫。2球目のスライダーを振りぬくと、痛烈な打球もファーストゴロ。「これからもトレーニングを続けて、バットを振りたい。」 初回の若生智男は、スライダー、シュート、カーブが面白いように決まり、初回を3者凡退は、すばらしいピッチングだった。

 先手を取ったのは、名古屋エイティデイザーズ。2回表、デカ高橋智、前原博之が出塁すると、鈴木伸良が2点タイムリーを放ち、1番の長嶋清幸がフルカウントからタイムリーで加点。

 さらに、6回表は、彦野利勝が村田兆治のストレートを打ってセンター前。高橋智もテキサスヒットで続き、斉藤浩行は追い込まれるも、ライト前タイムリー。この日、村田兆治の最速は139キロ。キレはすばらしく、カーブ、フォークの他、カットボール、チェンジアップを披露。140キロでドームを沸かせるのは、1月2日恒例の正月登板まで持ち越しとなった。

 名古屋は、7回には前原博之がスクイズを決めるなど、計6得点を上げ、16安打の猛攻。前原博之が2盗塁を決め、彦野利勝が2度に渡って激走するなど、走塁でも東京ドリームスを圧倒した。また、先発した鈴木孝政が低めに球を集め、力に頼らないピッチングが冴えていた。

 東京の攻撃で惜しかったのが、5回の攻撃。大宮龍男、屋鋪要が出塁し、中野佐資が二塁打。さらに2死満塁の場面で、2安打している駒田徳広に打席が回ってきたが、小島弘務の初球スライダーを打って凡退。逆転のチャンスだっただけに惜しまれた。

東京は、この日の敗戦も4勝2敗の首位は変わらず。しかし2敗チームが4チームとなり、大混戦の模様である。12月24日のカード、札幌vs福岡で、札幌が勝利すると4勝2敗で東京に並ぶことになり、1月2日の東京ドームの東京vs札幌の試合は、さらにヒートアップしそうだ。

 もちろん、ここまで混戦状態となれば、優勝の行方は見当もつかない。最下位の大阪ロマンズも、4連敗スタートだが、実は、残り4試合を4連勝するのなら、優勝の望みは残っている。また、今後のカギを握るのが、福岡ドンタクズだ。札幌と1試合、名古屋と2試合を残しており、ここの星勘定次第で、目まぐるしく順位が入れ替わるだろう。


  
先攻:名古屋80D’sers
打順 守備 選手名 打率 打席 得点 打数 - 安打 2塁打 3塁打 本塁打 打点 三振 四球 盗塁
1 LF 中利夫 .000 1 0 1 - 0 0 0 0 0 0 0 0
(守) LF 長嶋清幸 .316 4 0 3 - 2 0 0 0 1 0 1 0
2 2B 山田和利 .417 5 1 4 - 1 0 0 0 0 1 0 0
3 1B 川又米利 .250 5 0 4 - 1 0 0 0 0 0 1 0
4 CF 彦野利勝 .278 5 2 5 - 3 0 0 0 0 1 0 0
5 RF 高橋智 .300 5 1 5 - 3 1 0 0 1 0 0 0
6 SS 前原博之 .182 5 1 4 - 2 0 0 0 1 1 0 2
7 C 鈴木伸良 .400 2 1 2 - 1 0 0 0 2 0 0 0
(守) C 杉山直樹 .429 2 0 2 - 0 0 0 0 0 2 0 0
8 DH 斉藤浩行 .444 4 0 4 - 1 0 0 0 1 1 0 0
9 3B 鴻野淳基 .000 1 0 1 - 0 0 0 0 0 0 0 0
代打 SS 酒井忠晴 .625 3 0 3 - 2 1 0 0 0 1 0 0


後攻:東京ドリームス
打順 守備 選手名 打率 打席 得点 打数 - 安打 2塁打 3塁打 本塁打 打点 三振 四球 盗塁
1 LF 蓬莱昭彦 .176 3 0 3 - 0 0 0 0 0 0 0 0
(守) LF 垣内哲也 .455 1 0 1 - 0 0 0 0 0 0 0 0
2 RF 中野佐資 .227 4 0 4 - 1 1 0 0 1 0 0 0
3 3B 初芝清 .214 4 0 3 - 0 0 0 0 0 0 1 0
4 1B 駒田徳広 .500 4 1 4 - 2 1 0 0 0 0 0 0
5 C 伊東勤 .250 2 0 2 - 1 1 0 0 1 0 0 0
代走 C 市川和正 .000 1 0 1 - 0 0 0 0 0 0 0 0
代打 - 本西厚博 .350 1 0 1 - 0 0 0 0 0 0 0 0
6 2B 佐藤洋 .278 4 0 4 - 2 0 0 0 0 0 0 0
7 DH 黒江透修 .200 1 0 1 - 0 0 0 0 0 0 0 0
代打 C 大宮龍男 .467 3 0 3 - 1 0 0 0 0 0 0 0
8 SS 村岡耕一 .200 4 1 4 - 1 0 0 0 0 1 0 0
9 CF 屋鋪要 .190 4 0 4 - 2 0 0 0 0 0 0 0


(投手成績)
名古屋エイティデイザーズ
- 選手名 登板 投球回 防御率 勝利 敗戦 セーブ 打者 球数 被安打 三振 四球 死球 失点 自責点 暴投 ボーク
鈴木孝政 3 2 0.00 1 0 0 6 19 1 0 0 0 0 0 0 0
- 鹿島忠 3 2 1/3 4.15 0 0 0 11 34 4 0 0 0 2 2 0 0
- 今中慎二 2 1/3 0.00 0 0 0 3 14 2 0 0 0 0 0 0 0
- 小島弘務 5 1 1/3 2.89 0 0 0 6 22 1 0 1 0 0 0 0 0
- 落合英二 2 2 0.00 0 0 0 6 8 1 0 0 0 0 0 0 0
- 野中徹博 4 1 0.00 0 0 2 4 19 1 1 0 0 0 0 0 0

東京ドリームス
- 選手名 登板 投球回 防御率 勝利 敗戦 セーブ 打者 球数 被安打 三振 四球 死球 失点 自責点 暴投 ボーク
若生智男 3 1 0/3 7.71 0 1 0 5 19 1 1 1 0 1 1 0 0
- 西崎幸広 3 1 4.91 1 0 0 6 26 3 1 0 0 2 2 0 0
- 森山良二 4 1 1.93 1 0 0 3 11 1 0 0 0 0 0 0 0
- 川尻哲郎 3 1 0.00 0 0 0 4 19 1 1 0 0 0 0 0 0
- 増本宏 5 1 2.25 0 0 0 3 10 1 0 0 0 0 0 0 0
- 村田兆治 2 1 3.86 0 0 0 7 22 4 2 0 0 1 1 0 0
- 河野博文 6 1 3.52 0 0 0 6 20 3 1 0 0 2 2 0 0
- 石毛博史 6 1 1.29 1 0 1 4 17 1 1 1 0 0 0 0 0
- 阿波野秀幸 5 1 1.08 1 1 2 4 12 1 0 0 0 0 0 0 0



試合結果 チーム順位 チーム個人成績
  投手タイトル
 打者タイトル