<<Topページへ マスターズリーグのページ>>
●● 茨城ゴールデン・ゴールズの試合記録はスポーツ・アクセスが提供しています。

■第32回 全日本クラブ選手権 グッドウィルドーム

2007年9月9日(日) 大会3日目 準々決勝3試合  14時15分試合開始
◆倉敷ピーチジャックス vs 茨城ゴールデン・ゴールズ

★結果★茨城G・Gが奇跡の逆転劇!10日の準決勝へ進出。
  1 2 3 4 5 6 7 8 9 備考
茨城G・G
北野和三塁打!
由利本荘 
石田竜也完投
 
 →10日(月曜)は「NTTグループ東北マークス」と準決勝で対戦(11時30分開始予定)


9回表、満塁から起死回生の三塁打!

8番北野和彦の殊勲の打撃
試合後、欽督と抱き合う北野和彦!

”お母さんが打たせてくれたんだよ。”と
話す前にアイツはもう泣いていた・・(監督談)
右は満塁の口火を切る安打の三條能央

試合の流れを変えたのは佐藤精一だった

「お前が粘り強く投げたから勝てた」と
涙に暮れる佐藤と萩本欽一監督




嬉し泣きの仁平翔
9回裏、逆転の4点目。松本渉が初球を叩く!




涙でファンにあいさつの
萩本欽一監督


写真【スポーツ・アクセス/小野俊哉】
              

                              
9回表、北野和彦が右翼フェンス直撃の3点打!そして松本渉が逆転打。

茨城G・Gは、0対3と後のない9回表の攻撃。代打・三條能央と酒井忠晴が安打で1−3塁を作るも、すでに2死。準決勝で敗退か・・・。だが、奇跡はここから起こった。
昨日4安打を放った佐々木健太が四球を選び満塁。8番北野和彦が、2球目を右翼ラインへフェンス直撃の三塁打で3−3の同点。9番松本渉が、初球をセンターへ抜ける安打を放ち、遂に4対3で逆転に成功したのだ。

試合は、明らかに茨城ゴールデン・ゴールズが劣勢だった。先発の仁平翔が2点を失い、打っては倉敷ピーチジャックスの功投手、石田竜也の緩急の前に8回まで零封。しかし、4回からマウンドに登った佐藤精一と坂巻卓也バッテリーが、試合の流れを変えた。仁平がは初回26球、2回27球、3回18球の苦しい立ち上がり。だが佐藤がマウンドに上がると、4回9球、5回10球、6回9球と試合のリズムを逆転し、流れを引き寄せた。1点をリードした9回裏。さらに北野偉也が締めくくり、1点差を守って試合をものにした。

完投した倉敷の石田竜也投手。2日連続の先発マウンド。初回15球、2回14球、以降12球、12球、11球、11球・・・。内容より球数の少なさが石田の好投を物語るが、7回17球、8回23球と疲れが見え始め、遂に9回、茨城G・Gに掴まってしまった。



4回から登板した佐藤精一



先発マスクの4番打者、坂巻卓也!



好投の石田竜也投手


惜しくも敗退した
倉敷ピーチジャックス




「こんな野球見たことない。ありがとう、を繰り返す北野を入れてよかった。」(萩本欽一監督)
北野和彦の三塁打で次々に走者が還る!



                        写真【スポーツ・アクセス/小野俊哉】

                                                  

                  本サイト内の記事・写真・イラスト等の無断掲載・転用を禁じます。