<<Topページへ 「プロ野球プラス」はこちら!>>
●● 茨城ゴールデン・ゴールズの試合記録はスポーツ・アクセスが提供しています。

★★萩本欽一監督の夢列車2008★★
 つくばゴールデンチャレンジ「水戸信金カップ」

特別試合8月20日
茨城G・Gvs「チーム勝俣」の試合結果:

2008年8月20日(水曜)  つくば市さくら運動公園野球場  18時12分試合開始
2008年のゴールデンチャレンジ特別編、最終回に勝俣監督が試合を決めるタイムリー!   
  1 2 3 4 5 6 7 8 9 備考
欽ちゃんチーム
- - - - - - 福井敬治が一発
チーム勝俣 
- - - - - - 勝俣が5点目
              >>この試合に採点はありません。
                  
3回の最終打者で、勝俣監督がタイムリー!



力投する左腕エースの平尾優


中山しょうた君、未来のスーパースター!

そうか、君は6年生か。5年生にならない?


小学5年生が背中の佐藤あつし
 
「auにしました佐藤」ピッチングの影に、セカンドを守るタレントの佐藤あつし

足の長さが異なる

【写真:スポーツ・アナリスト小野俊哉】
 


第5戦はおもしろスペシャルマッチ 「チーム勝俣」が欽ちゃんチームを制する

 
8月の水戸信金カップは、ナイター開催。萩本欽一監督率いる茨城ゴールデンゴールズは、山口県の全日本クラブ選手権を2連覇し、記念のスペシャルマッチを行いました。

 試合形式は、茨城ゴールデンゴールズのチームをふたつに分けて、双方が9人の打者攻撃(これを1イニングとする)で何点取れるか。3イニングマッチ。打順は自由です。

 欽ちゃんチームの攻撃から試合が始まりました。1番に指名は、山田諒。センター前へ運んで出塁し盗塁。しかし、7番目の打者・久保田昌倫のスクイズでホームアウトになり、意外と思うようには点が入りません。チーム勝俣の攻撃も、1イニング目は梶川貴史のヒット1本のみ。

 先制したのは欽ちゃんチーム。2イニング目、大塚、山田が出塁したところで、主将の「伊藤園おーいお茶」岩田が2点タイムリー。しかし、チーム勝俣も負けていません。その裏、坂巻卓也が犠飛で追い上げ、9人目の打者に温存した「人材派遣シーケル」福井敬治が、豪快に2ランを放ち3対2と逆転。

 試合は、3イニング目の裏、チーム勝俣が小嶋圭佑のソロホームランで勝ち越すと、最後の打者は勝俣洲和監督。投手がヤマナリに投げると、それを強振。三塁線を襲う二塁打となり5対3で勝負あり。「くやしいから、もう1イニングやろうよ」と萩本欽一監督が提案するも、通り雨の空模様になったため、ここで試合が終了となりました。

 コカ・コーラの提供する「未来のスーパースター」は中山しょうた君。萩本欽一監督に、その姿勢を褒められ、アクエリアスが次々に贈呈されました。

  未来のスーパースターは誰?
ファンとの交流をたいせつにする萩本欽一監督




「ビッグマーチ大爆発」佐々木健太

山口県の全日本クラブ選手権は、大会MVPを獲得した大砲
   
                                   【写真:スポーツ・アナリスト小野俊哉】


           ※本サイト内の記事・写真・イラスト等の無断掲載・転用を禁じます。