<<Topページへ 「プロ野球プラス」はこちら!>>
●● 茨城ゴールデン・ゴールズの試合記録はスポーツ・アクセスが提供しています。

★★萩本欽一監督の夢列車2008★★
 つくばゴールデンチャレンジ「水戸信金カップ」

第4戦7月26日
茨城G・Gvs「松戸B.C TYR」の試合結果:

2008年7月26日(土曜)  つくば市さくら運動公園野球場  13時30分試合開始
2008年のゴールデンチャレンジ第4戦は、好ゲームが展開されました!   
  1 2 3 4 5 6 7 8 9 備考
松戸BC TYR
6回に4連打!
茨城G・G 
× 3本塁打を放つ
              >>試合採点結果はこちら!
                  
先発し速球を投げ込む鈴木侑一

内角に食い込む変化球が持ち味

4回にソロ本塁打を叩き込む

水戸信金の佐藤賢の長打
 
水戸信金・佐藤賢を迎える茨城ゴールデンゴールズのナイン

【写真:スポーツ・アナリスト小野俊哉】
 


第4戦 茨城ゴールデンゴールズが飛距離十分の3本塁打!

 
3年目に入った水戸信金カップ「つくばゴールデンチャレンジ」。茨城G・Gと対戦したチームを、指定記者が採点しポイントを競います。

 7月第4戦は、グラウンドの気温が35度前後に達する猛暑にも関わらず内野は満席。試合も好ゲームが展開されました。

 先制したのは、茨城ゴールデンゴールズ。2回裏、「隠れ庵忍屋」坂巻卓也が先頭打者本塁打。4回は、水戸信用金庫の佐藤賢がフルカウントから、レフト場外へ運ぶ特大のソロ。主将のおーいお茶「伊藤園」岩田紀彦は終盤の8回、ライトスタンドへ突き刺さる2ランを叩き込み、計3本塁打。6回は満塁から岩田紀彦が犠飛で5点目を奪い、外野手の送球を見極めると、1−2塁走者がいずれも進塁。相手の守備を崩す野球を実践していました。

 一方の松戸ベースボールクラブ。5回に3連打し1点を返すと、6回は2番小林がサードへの内野安打を決めるとすかさず盗塁。さらに上位打線が3連打し3対3の同点に追いついています。しかし、追加点は9回の1点のみに封じられ4対8で茨城ゴールデンゴールズが勝利。松戸BCは、迫力のある上位打線には得点力が備わっていましたが、球足の遅くなった内野ゴロを焦って処理をしては失策がもったいなく、ディフェンスを含めた総合力で一歩及びませんでした。

  未来のスーパースターは誰?
ファンとの交流をたいせつにする萩本欽一監督


萩本欽一監督のめざす独自の野球チーム運営とは?
萩本欽一監督の挑戦はこれかも続きます。
【写真:スポーツ・アナリスト小野俊哉】
 
 

  
                                   (スポーツ・アナリスト/小野俊哉)


           ※本サイト内の記事・写真・イラスト等の無断掲載・転用を禁じます。