<<Topページへ マスターズリーグのページ>>
●● 茨城ゴールデン・ゴールズの試合記録はスポーツ・アクセスが提供しています。

★★萩本欽一監督の夢列車2008★★
 つくばゴールデンチャレンジ「水戸信金カップ」

第一戦4月19日
茨城G・Gvs「ABC東京野球クラブ」の試合結果:

2008年4月19日(土曜)  つくば市さくら運動公園野球場  13時30分試合開始
2008年のゴールデンチャレンジ第1戦!は、茨城G・Gが13得点!   
  1 2 3 4 5 6 7 8 9 備考
ABC野球クラブ
10安打3盗塁!
茨城G・G 
× 13 水戸信金マサル
              >>試合採点結果はこちら!
                  
「13点も取って、こりゃ今年は縁起がいい!」
と、16安打を喜ぶ萩本欽一監督


【写真:スポーツ・アクセス】

丹羽雄哉 議員が応援に!

「きのう、ケープタウンから帰った
ばかり。でも野球が好きなのでね」
茨城ゴールデンゴールズの4番打者
水戸信金・佐藤賢が2打点!


先発した茨城G・Gの北野偉也


ABCの先発・八田投手の力投



第1戦 茨城ゴールデンゴールズが16安打で13得点の大勝スタート!

 
3年目に入った水戸信金カップ「つくばゴールデンチャレンジ」。茨城G・Gと対戦したチームを、指定記者が採点しポイントを競います。

 さて、2008年の第1戦の相手は、ABC東京野球クラブ。戦力が充実する強いチームです。

 試合は4回まで投手戦も、先制点は茨城ゴールデンゴールズ。5回裏、渡辺翔太が内野安打で出塁し、これは盗塁死の勇み足になりましたが、福井敬治が2死から安打。水戸信金・佐藤賢が四球を選んだのち、酒井忠晴がタイムリーで先制点を奪いました。

 そしてビッグイニングは6回の茨城ゴールデンゴールズの攻撃。

 先頭の主将・おーいお茶・岩田が安打し、4番の水戸信金・佐藤賢まで打席を回すと、佐藤が勝負強く2点タイムリー。結局この回7安打、2四死球で計7得点。さらに、7回は、ビッグマーチ佐々木健太が、右翼場外へ叩き込む特大の2ランで13対0とし、茨城ゴールデンゴールズが圧勝しました。



  



茨城ゴールデン・ゴールズ ビッグマーチ佐々木健太が滑り込む

                                   【スポーツ・アクセス】小野俊哉


           ※本サイト内の記事・写真・イラスト等の無断掲載・転用を禁じます。