<<Topページへ マスターズリーグのページ>>
●● 茨城ゴールデン・ゴールズの試合記録はスポーツ・アクセスが提供しています。

 第1弾vsソフトバンク戦はこちら!
5月31日
茨城G・Gvs「フューチャーズ」の試合結果: 推定1万5千人

2007年5月31日(木曜)  水戸市民野球場  18時30分試合開始(ナイター)
酒井忠晴が先制ソロに続いて、お〜いお茶・岩田がオビスポから逆転3ラン!6番除く全打順が安打!
  1 2 3 4 5 6 7 8 9 備考
Futuresイースタン
13安打の2発
茨城G・G 
11安打の2発
   試合提供:人材派遣のシーケル株式会社 運営協力:ニッポン放送
                              
巨人・藤田浩雅監督に萩本欽一監督

今日はいい試合しましょう!

「ホントにそうです。お互いに
刺激になることが大事ですから。」
(フューチャーズの藤田監督)
※巨人の清武球団代表の姿も。
試合前の相手を観察するイースタン選抜「フューチャーズ」!

「う〜ん、強いのか?それとも弱いのかは、
やっぱり、やってみないとね。」

【写真:スポーツ・アクセス】
 


銀次(楽天)が2回いきなり先制ソロ!しかし、お〜いお茶・岩田(GG)が逆転スリーラン!

 萩本欽一監督率いる茨城ゴールデン・ゴールズの「プロ野球に挑戦!シリーズ第2弾」は、5月31日「フューチャーズ戦」で実現。水戸市民球場のすばらしい球場のもと、ナイターで行われました。

 試合のフューチャーズ先発は、あの160キロを投げるというオビスポ(巨人)投手。2回裏、茨城ゴールデン・ゴールズは、先頭の5番・酒井忠晴がそのストレートを狙い打って、ライトへ同点本塁打。そして、佐藤賢、渡辺翔太が連続安打で続くと、2死からおーいお茶・岩田が、カウント2−2から150キロ超のストレートを強振、右翼場外に消える特大の3ラン本塁打を放ち、4対1と逆転に成功。「おい、いけるぞ!」と、ベンチは、はやくも沸騰し盛り上がりを見せましたが、それを冷静に見詰める萩本欽一監督の表情は、まさに勝負師のそれ。「ベンチの選手と同じ波長でモノを考えないのが監督なんだよ。」

 しかし、3回表フューチャーズの攻撃。芦沢明(巨人)が先頭四球を選ぶと、隠善智也(巨人)も連続四球。2番の大塚淳(ヤクルト)がフルカウントから、見事なライト前安打で1点。4番の山本光将(巨人)もセンターへ痛烈なタイムリーを放ち3対4と追い上げムード。ここで、5番・定岡卓摩が、決勝となる3ランを放って一気に逆転。6対4としました。

 さらに、フューチャーズは4回表、またも芦沢明(巨人)が先頭四球。隠善智也はレフト前で出塁し、大塚淳はセンターへ抜ける2点タイムリー二塁打を放ち加点。さらに定岡卓摩は1−3塁から内野ゴロで走者を還し4打点目。これで9対4と試合を決定付けました。

 逆転を許した茨城ゴールデン・ゴールズは、よく食い下がりました。終わってみれば9対4の大差も、安打数はフューチャーズの13本に対して、茨城G・Gは11安打。相手4番から3三振を奪うなど、5回以降のピンチなど北野偉也、鈴木佑一、松田達也、「auにしました佐藤」のリレーで踏ん張りました。

 9回裏には、片岡安祐美がピンチヒッターで登場。黒滝将人(ロッテ)の速球にファウルで粘り、打った5球目。小飛球もセカンド、ショートの間にポトリと落ちる絶妙の内野安打は、満員の観客で埋まったスタンドを大いに沸かせました。9回裏は、2死満塁と詰め寄りましたが、黒滝将人の速球の前に点を奪うことは出来ませんでした。

 

  
大塚淳と隠善智也選手

「そういえばキャンプで会ったよな」

ヒットが出た!

 渡辺翔太!

よくでるビックマーチ佐々木

4番に座る
オビスポ投手

球威は十分!活躍が期待されます



上がった打球の結果は?→

片岡安祐美
1安打2四球の芦沢明!

ホームへ生還



→内野安打!

得意の指タッチは
代走の桑原選手と




【写真:スポーツ・アクセス】小野俊哉
               

                

さすがは将来の一軍選手。
でも、われわれにも夢がある。次こそは・・

「すぐに夢が実現したって面白くない。」
フューチャーズの選手たち

よろしくお願いしまーす!

               ※本サイト内の記事・写真・イラスト等の無断掲載・転用を禁じます。