<<Topページへ マスターズリーグのページ>>
●● 茨城ゴールデン・ゴールズの試合記録はスポーツ・アクセスが提供しています。

4月30日茨城G・Gvs「千葉熱血MAKING」の試合結果: 推定6千人
2007年4月30日(月曜)  四街道総合公園野球場  13時00分試合開始
茨城G・Gのシーケル仁平が好投!鈴木、au佐藤、平尾、北野の黄金リレーが熱血MAKINGを完封。   
  1 2 3 4 5 6 7 8 9 備考
茨城G・G
14安打の6得点!
千葉熱血MAKING 
惜しくも零封
            千葉熱血MAKING/ニッポン放送/チバテレビの共催で行われました!
            (試合の様子は、5月13日チバテレビで夜7時から放送されます)
                  
茨城G・Gの萩本欽一監督

何、大阪から見に来たの?

”そんな遠くから来たんじゃあ、
ウチのチームが勝たなきゃ・・”

片岡安祐美選手 と 吉田えり選手 の選手宣誓!

この日気温は25度。 ”いい試合をしましょう。”

【写真:スポーツ・アクセス】
 


千葉熱血MAKING、先発の嶋田貴之投手が力投!茨城G・Gのシーケル仁平と投げ合い

 試合は茨城G・Gが初回の先制点。広島カープから今年茨城G・G入りの福井敬治が、初回の先頭打者でクリーンヒット。山田諒が初球を送り、失策が絡んでノーアウト1−2塁。1死後、4番「おーいお茶」岩田と5番・酒井忠晴(昨年まで楽天)の連続タイムリーで2点を先制。

 しかし、千葉熱血MAKINGの先発・嶋田田貴之が、その後立ち直って2回から7回まで茨城G・Gを零封。茨城G・G先発のシーケル仁平と投手戦になりました。シーケルは真っすぐが走り、「魔球」のチェンジアップを駆使。千葉熱血MAKINGから4イニング7奪三振でしたが、嶋田投手も力投。走者を背負ってもスライダーをうまく使って内野ゴロでピンチを脱する投球が光りました。

 9回表。茨城G・Gは2アウトから3番・松本渉、4番・おーいお茶、5番・酒井忠晴が連打。決定的な3点を奪い、6対0。その裏を、北野偉也が抑えて、茨城G・Gが勝利した試合となりました。


 試合後、森田健作総監督がグラウンドで「さらば涙と言おう」を熱唱。訪れた観客5千人以上の合唱となり総合公園にこだましていました。25年の歴史をもつ四街道野球場の史上最高入場者数を記録しただけでなく、全員の合唱というのも「初めての現象。」(球場関係者)と、クラブチームの盛り上がりに驚いた様子でした。

 千葉熱血MAKINGは、まだ創設2年目。懸命なプレー、マナーもすばらしく、これから大きく飛躍するチーム。また試合をした時には、もっと好ゲームが期待されるでしょう。

  
先発した嶋田貴之投手!

(千葉熱血MAKING)

宮城ヘッドから指示を受ける
川村理選手・・・

 「お前、サイフが出て来たぞ!」
2四球を選ぶ!

4番の古家野雅行


緑川真吾投手の華麗な投球

速球がすばらしい!

河島武彦投手



初ヒットの辻野敦士選手




【写真:スポーツ・アクセス】小野俊哉


先発のシーケル仁平

16人から7奪三振!


2安打の福井敬治

”福井さんって、意外と
顔が大きいのね。”
(萩本欽一監督)



おい山田諒、今日スタメンだぞ

と、当然ッス。練習してますから。」


ライナーのセンター前は酒井忠晴!
2番手の鈴木侑一投手

相手のバットを折った!


河村雅志の打撃!






応援に駆けつける風見しんごさん 悲しみを乗り越えて・・



”おい、しんご。お前よく応援に
来てくれたな。その気持ちが嬉しい”


茨城ゴールデン・ゴールズ 萩本欽一監督


おーいお茶岩田 と 桑原秀和選手と並ぶ

片岡安祐美選手!





見事なレベルスイング!
このバランスは相当振り込んで
試合に臨んだ証拠だ



【スポーツ・アクセス】小野俊哉
               


キミ、野球が好きかい?それなら始球式、頼んだヨ。






                ※本サイト内の記事・写真・イラスト等の無断掲載・転用を禁じます。