<<Topページへ マスターズリーグのページ>>
●● 茨城ゴールデン・ゴールズの試合記録はスポーツ・アクセスが提供しています。

全日本クラブ野球選手権退会 準々決勝
9月4日
NOMOクラブvs茨城G・Gの試合結果:
2005年9月4日(日曜)  インボイス西武ドーム  
投手戦で惜しい試合を逃す!     
  1 2 3 4 5 6 7 8 9 備考
茨城G・G
1点に泣いた・・
NOMOクラブ 
2点を先制!
5安打に封じたが・・

完投した山本肱平投手!
【写真:スポーツ・アクセス】
萩本欽一監督

選手はよくやった。
また来年くればいいのさ。
 


準々決勝 山本肱平が2失点完投するも、打線のあと一本が出ず・・。

 茨城ゴールデン・ゴールズの全日本クラブ選手権へのチャレンジは、第二ラウンドへ。相手は、メジャーリーガー野茂英雄の率いる「NOMOベースボールクラブ」。

 さて、先制したのは、NOMOベースボールクラブ。3回裏、先発の山本肱平が、先頭打者の7番定岡を四球で歩かせたのが響いた。山本自身のエラーもあって、内野ゴロで先制を許してしまう。5回裏は、またも先頭は定岡だったが、今度は初球を二塁打。その後のタイムリー安打で2点目を許したが、結局、これが決勝点になってしまった。とはいえ、山本肱平は、NOMOクラブから8奪三振、被安打5と好投。普段通りの力を出したが、打線の援護に恵まれなかった。

 茨城G・Gの反撃は、8回表。9番岩田紀彦の安打の後、1番副島孔太が、豪快に左中間を破るタイムリー二塁打。最終回の9回には、アミノバリュー藤本が安打で出るも、続く代打・今井政司が放ったすばらしいライナーは、レフト正面。ツキがなかった。この日は、先頭打者の出塁が、得点した8回だけ。先頭出塁して送って、足を絡めるという茨城G・Gの野球が封じられたのが痛かった。

 これで、今年の茨城G・Gの公式戦は終了。夏の遠征で鍛えた成果は、この全日本クラブ選手権の初戦の勝利。だが、NOMOクラブとの試合のように、接戦における勝負感には、まだまだ課題を残したといえるだろう。
  
 

                           【スポーツ・アクセス】小野俊哉

           ※本サイト内の記事・写真・イラスト等の無断掲載・転用を禁じます。