<<Topページへ マスターズリーグのページ>>
●● 茨城ゴールデン・ゴールズの試合記録はスポーツ・アクセスが提供しています。

05年「夏の遠征」茨城ゴールデン・ゴールズ 第4戦!
8月13日
茨城G・Gvs松山フェニックスの試合結果:
2005年8月13日(土曜)  松山坊ちゃんスタジアム  
逆転の応酬の末、茨城ゴールデン・ゴールズが最終回に1点差に詰め寄ったが・・・     
  1 2 3 4 5 6 7 8 9 備考
松山フェニックス
終盤に再逆転
茨城G・G 
9回粘るも!
萩本欽一監督

「終盤の試合運びが
ウチの課題かな。」
片岡安祐美選手

茨城G・Gの選手を
応援しよう!
【写真:スポーツ・アクセス】

 


第4戦 最終回に粘りの攻撃を見せるも1点差負け!

 茨城ゴールデン・ゴールズの「夏の遠征」第4戦は、序盤から両チームが逆転を繰り返す熱戦となりました。 
 
 先制したのは、茨城ゴールデン・ゴールズ。2番・登石卓が内野安打で出塁すると、松山フェニックスの植田投手の
けん制がそれる間に二塁へ進塁。スチールも成功させ2アウト三塁に。ここから、4番・副島孔太、5番・富永健義、
6番・アミノバリュー藤本が3連打し、3点を先制しました。
 茨城ゴールデン・ゴールズは3回裏、1番・太田優士の二塁打から1点を追加。さらに4回には、8番・松本渉のタイムリー
二塁打で5点目をを上げ、4回までに10安打を放って、試合を有利に展開しました。

 追う展開の松山フェニックスの2回表の攻撃。四球とエラーを絡めて、この回8人を打席に送り込む攻撃で3点を返し同点と
します。さらに3回表には、やはり相手エラーを絡めて1点を返しました。そして、7回表の攻撃で、先頭の8番・栗田がセンター
へ安打で出塁。9番・高市の四球で塁を埋め、タイムリーヒットと茨城ゴールデン・ゴールズに内野連携プレーのミスが出て
2点を返し、逆転に成功。さらに、8回表には3本の安打を集中させて1点を加え、これが決勝点となりました

 終盤に逆転を許し、2点を追う茨城ゴールデン・ゴールズの最終回の攻撃。アミノバリュー藤本が先頭四球を選び、
渡辺大輝が安打で続きます。ここで取っておきの代打、羽生田忠克が登場。見せ場を作りましたが、結局、羽生田は内野ゴロ。
1点を返したにとどまり、ゲームセット。6対7で、地元の松山フェニックスに勝利を譲りました。

    【スポーツ・アクセス】小野俊哉


           ※本サイト内の記事・写真・イラスト等の無断掲載・転用を禁じます。