<<Topページへ マスターズリーグのページ>>
プロ野球PLUS!はカラーグラフやデータが満載!
プロ野球の最新データが検索できるよ!
●● 茨城ゴールデン・ゴールズの試合記録はスポーツ・アクセスが提供しています。

片岡光宏が率いる宮崎選抜との試合!
6月5日
茨城G・Gvs宮崎選抜の試合結果:
2005年6月5日(日曜)  宮崎県お倉ヶ浜公園野球場
序盤からハデな打ち合いの結末は?     
  1 2 3 4 5 6 7 8 9 備考
宮崎選抜
初回先制!
茨城G・G 
× 終盤に突き放し!
これからは野球の時代よ! 


茨城G・Gが初回すぐに逆転、投手陣も10奪三振の力投で圧勝!

 プロ野球マスターズリーグは福岡ドンタクズの長距離砲・片岡光宏(広島、中日、大洋)が率いる宮崎選抜との試合。

 初回、宮崎選抜がいきなり先頭打者二塁打のあと、タイムリーで先制。

 だが、茨城ゴールデン・ゴールズも負けてはいない。その初回裏、先頭の太田優士が安打で出塁して盗塁。3番・岩田紀彦の
犠飛で、すぐさま同点に。しかもツーアウトから4番・副島孔太とアミノバリュー藤本の安打などで2点を追加し、逆転に成功。
5回、7回も岩田紀彦の長打などで加点し、6対1で快勝した。

 投げては先発のウィリーが好投。初回に先制を許したが、2回から4回まで3イニングを連続3者凡退に抑え、試合を
引き締めた。また山崎慎太郎(近鉄、ダイエー、広島、オリックス)が登板、2イニングで4三振を奪ったが、ストライク先行の
お手本の投球を披露。最後は高橋貴宏が1イニングで2三振を奪う好投でゲームセット。終始投打の噛み合った試合を展開
した試合だった。

    【スポーツ・アクセス】小野俊哉



          打者成績(茨城G・G)  
打順 起用 守備 選手名 打数 安打 本塁打 打点
1 スタメン ショート 太田優士 4 1 0 0
2 スタメン サード 五十嵐剛 3 0 0 0
代打 元野天心 1 0 0 0
3 スタメン ライト 岩田紀彦 2 1 0 2
代打 奥田大 1 1 0 0
4 指名打者 副島孔太 1 1 0 0
代打 やまもと圭壱 2 0 0 1
5 スタメン ファースト 富永健義 2 1 0 0
代打 樋口寿人 1 1 0 1
6 スタメン キャッチャー アミノバリュー藤本 3 1 0 2
代打 池上勝之 1 0 0 0
守備固め キャッチャー 森下峻平 0 0 0 0
7 スタメン レフト 雀ヶ野堅太 3 1 0 0
守備固め レフト 岡崎透 0 0 0 0
8 スタメン セカンド 今井政司 1 0 0 0
代打 セカンド 片岡安祐美 1 0 0 0
9 スタメン センター 松本渉 2 0 0 0
代打 センター 渡辺大輝 1 0 0 0
総計 29 8 0 6

          投手成績(茨城G・G)
勝敗 選手名 投球回 打者 被安打 三振 四死球 失点 自責点
ウィリー 5 18 4 4 0 1 1
山崎慎太郎 2 8 0 4 1 1 1
高橋貴宏 1 4 1 2 0 0 0