<<Topページへ マスターズリーグのページ>>
プロ野球PLUS!はカラーグラフやデータが満載!
プロ野球の最新データが検索できるよ!
●● 茨城ゴールデン・ゴールズの試合記録はスポーツ・アクセスが提供しています。

ゴールデンツアー第4戦!
5月6日
茨城G・Gvs山梨連合硬式野球団の試合結果:
2005年5月6日(金曜)  :小瀬スポーツ公園野球場
茨城ゴールデン・ゴールズ 第4戦 3勝1敗0分    
  1 2 3 4 5 6 7 8 9 備考
山梨連合
先制点は山梨
茨城G・G 
× 小刻みに加点!
なかなか強くなってきた・・


第4戦:小刻みに加点して逆転勝利!太田優士がソロホームランを放つ

 5月6日の金曜、茨城ゴールデン・ゴールズの「ゴールデンツアー」第4戦は、山梨連合硬式野球団との試合。試合は、2回から小刻みに加点した茨城G・Gが3回に逆転。5回以降は、四球を効果的に得点に絡めるなど、突き放して勝利した。

 茨城G・Gは、安打のあった2回以降8回まで6イニング連続で得点。選んだ四球が4、誘った相手エラーが2。これらすべてを得点に絡めた効果的な野球ができたのは収穫だ。また、三塁へランナーが進んだ場面で、きっちり3つの犠飛を打ち上げて、攻撃に無駄がなかった。

 3回は、1番の太田優士がツーアウトランナー無しから、待望の「ゴールデンツアー」第1号のホームランをライトスタンドへ叩き込んでいる。

 先発の木藤健一は、3四球を出すなど毎回のランナー。だが、セカンド中澤良太にファインプレーが飛び出すなど守りにも助けられ、粘り強く投げた結果、3失点に抑えている。2番手のカルロスは、登板した6回に3者連続三振をマーク。以降も毎回の奪三振で、4イニングの計8三振を奪う力投で試合を引き締めた。

     【スポーツ・アクセス】小野俊哉

ホームランで
ファンも大喜び・・



気合を入れて・・



          打者成績(茨城G・G)  
打順 起用 守備 選手名 打数 安打 本塁打 打点
1 スタメン ショート 太田優士 5 2 1 1
2 スタメン セカンド 片岡安祐美 2 0 0 0
守備固め セカンド 五十嵐剛 0 0 0 0
3 スタメン ライト 岩田紀彦 3 1 0 1
4 スタメン ファースト 富永健義 3 1 0 1
5 スタメン レフト 渡辺大輝 2 0 0 0
守備固め レフト 岡崎透 1 0 0 0
6 スタメン キャッチャー アミノバリュー藤本 3 2 0 3
7 指名打者 雀ヶ野堅太 1 0 0 0
7 代打 やまもと圭壱 3 1 0 0
8 スタメン サード 中澤良太 2 1 0 1
代打 センター 松本渉 1 0 0 0
9 スタメン センター 池上勝之 3 0 0 0
代打 河村雅志 1 0 0 0
守備固め セカンド 今井政司 0 0 0 0
総計 30 8 1 7

          
投手成績(茨城G・G)
勝敗 選手名 投球回 打者 被安打 三振 四死球 失点 自責点
木藤健一 5 24 7 1 3 3 3
カルロス 4 14 2 8 1 0 0