<<Topページへ マスターズリーグのページ>>
プロ野球PLUS!はカラーグラフやデータが満載!
プロ野球の最新データが検索できるよ!
●● 茨城ゴールデン・ゴールズの試合記録はスポーツ・アクセスが提供しています。


ゴールデンツアー第2戦!
5月3日
茨城G・Gvs富山ベースボールクラブの試合結果:
2005年5月3日(火曜)  :桃山公園野球場
茨城ゴールデン・ゴールズ 第2戦 1勝1敗0分    
  1 2 3 4 5 6 7 8 9 備考
富山BBクラブ
5回に4点
茨城G・G 
最後まで粘るも・・
絶対に次は勝つぞ・・


第2戦 : クリーンアップ5安打の活躍も、4対9は惜しくも初黒星 

 5月3日の火曜、茨城ゴールデン・ゴールズの「ゴールデンツアー」第2戦は、富山ベースボールクラブとの試合。
結果は、惜しくも4対9で初黒星の試合となった。

 茨城G・Gは、初回1点、2回に1点と先制点を奪い、幸先よいスタート。特に2回は、先頭の渡辺大輝が初球を叩き、
右中間を抜く三塁打を放つなど、序盤は明らかに茨城G・Gが押せ押せのムード。

 だが、5回は富山ベースボールクラブが二つの四球をからめて5安打を集中、一挙に4点。試合をひっくり返してしまう。
9回も四球に3安打を放って4点を奪った。

 茨城G・Gは、7回相手エラーで出塁のアミノバリュー藤本を、代打の岩田紀彦が安打で還して、点差を詰める。
9回裏には、ワンアウトから副島孔太、渡辺大輝、アミノバリュー藤本の3連打が飛び出し反撃開始!しかし後が
続かず1点にとどまったのが惜しかった。最後の最後に見せ場を作れたことで、ナインは気持ちを切り替えて、
次の第3戦へと臨むことだろう。

 この日の投手陣は、先発の高橋貴宏が、4回まで相手打線を散発の3安打に抑え、序盤の好投はすばらしかった。
だが、5回に先頭から2者連続の四球でランナーを出してしまい、逆転を許した点が惜しまれた。

   【スポーツ・アクセス】小野俊哉
                                        
客席は超満員・・


ようし、頑張るぞ!





          
打者成績(茨城G・G)  
打順 起用 守備 選手名 打数 安打 本塁打 打点
1 スタメン センター 元野天心 4 1 0 0
守備固め センター 岡崎透 0 0 0 0
2 スタメン サード 五十嵐剛 4 0 0 0
3 スタメン レフト 富永健義 4 1 0 0
4 スタメン ファースト 副島孔太 4 2 0 0
5 スタメン ライト 渡辺大輝 4 2 0 0
6 スタメン キャッチャー アミノバリュー藤本 4 1 0 2
7 指名打者 登石卓 2 0 0 0
代打 岩田紀彦 2 1 0 0
8 スタメン セカンド 林政至 0 0 0 0
代打 セカンド 片岡安祐美 2 0 0 0
守備固め セカンド 今井政司 2 0 0 0
9 スタメン ショート 太田優士 3 0 0 0
総計 35 8 0 2

          
投手成績(茨城G・G)
勝敗 選手名 投球回 打者 被安打 三振 四死球 失点 自責点
高橋貴宏 4 19 5 1 2 3 3
カルロス 3 14 4 4 2 2 2
山本肱平 2 12 2 3 2 4 3