<<Topページへ マスターズリーグのホームページ>>
07-08Topページ

試合結果 チーム順位 チーム個人成績
  投手タイトル
 打者タイトル


 ●●プロ野球マスターズリーグの試合記録はスポーツ・アナリスト小野俊哉が提供。
2008年6月27日、都内でプロ野球マスターズリーグの記者発表(記者数145人)が行なわれました。
08-09シーズン記者発表のお知らせ プロ野球マスターズリーグは、新監督体制へ
 6月27日、プロ野球マスターズリーグは、5チームの新監督を電撃発表!
     
                          ※ ( )は07−08シーズンの監督。

    ●札幌アンビシャス 柴田勲・新監督  (土井正三監督 )
    ●名古屋80D’sers 大島康徳・新監督 (杉下茂監督 )
    ●東京ドリームス  江夏豊・新監督   (土橋正幸監督 )
    ●福岡ドンタクズ  池永正明・新監督 (故・稲尾和久監督 )
    ●大阪ロマンズ   山田久志・新監督 (吉田義男監督 )


 さらに、野球漫画の第一人者、水島新司先生が福岡ドンタクズに参戦。登録名「あぶさん」でベンチ入りすることが発表されました。「当然、ピンチヒッターに出す場面を考えるよ」と池永正明・新監督。
          
記者会見の模様はこちらから>>

札幌 柴田勲
赤手袋のV9戦士。2018安打
1944年生まれ。
 
 名古屋 大島康徳

中日の4番打者。2204安打
1950年生まれ。
 東京 江夏豊

優勝請負人。206勝193S
1948年生まれ
 福岡 池永正明

新人王、最多勝。103勝
1946年生まれ
大阪 山田久志

284勝283完投のサブマリン
1948年生まれ 
水島新司あぶさん

夢が叶ったと、水島先生
1939年生まれ
              【写真/スポーツ・アナリスト小野俊哉 6月27日:撮影】

昨年は伊東勤氏(元・西武ライオンズ監督)が参戦し新人王を獲得しています。今年は野村謙二郎氏(広島カープ)、古田敦也氏(ヤクルト)、黒木知宏氏(ロッテ)にも参加を要請中です。


2008年1月30日、都内でプロ野球マスターズリーグの表彰式が行われました。
札幌アンビシャスのV3おめでとう!
の様子はこちら>>
土井正三監督が涙の優勝旗を手にする!

4割近い打率、防御率2点台。土井監督の
チームはマスターズリーグ史上最強だった
札幌の優勝を喜ぶ大沢啓二議長

アンビシャスの活躍はあっぱれ!
(撮影:スポーツ・アクセス)


<07−08シーズンの全20試合は以下よりお楽しみください>
                             
06−07シーズンの試合はこちら>>

No.20 2008年1月27日(日曜) 札幌(11対7)大阪 : 札幌ドーム 
最終戦

札幌アンビシャス、大逆転勝利のV3を達成、吉永幸一郎が祝砲のグランドスラム!
大爆発!満塁2号、3ラン3号の計7打点!
札幌アンビシャスを優勝に導いた吉永幸一郎

遂に打点王に輝いた吉永幸一郎のフォーム
土井正三監督にV3をプレゼント。
柴田勲・監督代行が重責を果たす!

「選手は気迫が違った」
”ファンに新しい野球を見せられた、
それがうれしい”、と語った。

(撮影:小野俊哉)

札幌ドームでのマスターズリーグ最終戦。意地を見せたい吉田義男監督率いる大阪ロマンズが、序盤に早くも6安打の6対1と大量リード。しかし4回、札幌アンビシャスの吉永幸一郎が爆発。満塁の一発を叩き込み同点。さらに6回には野田浩司から連続本塁打の3ランを見舞って大逆転。札幌は、津野浩、新浦壽夫の継投がしっかり大阪を封じ、結局11対7で勝利。今季成績を6勝2敗の勝率1位で終え、2年ぶり3度目の優勝を飾った。



No.19 2008年1月26日(土曜) 福岡vs名古屋 (ヤフードーム)

名古屋エイティデイザーズが執念の勝利。権藤博が初勝利、長嶋清幸3安打!
最終戦で怪童・中西太が打つ!

福岡ドンタクズの中西太・監督代行

(撮影:浅野豊親)
伝説の「権藤、権藤、雨、権藤」が投げる!

マスターズリーグ初勝利が成るか?

ファンのお目当ては恒例のオープニング対決。1回裏、名古屋80D’sersの先発は「権藤、権藤、雨、権藤」の名句を生んだ、あの権藤博。そして、福岡ドンタクズ1番打者の右打席に向かうは、怪童と呼ばれ本塁打キングが5度、通算打率.307はあの中西太。権藤の投じる低め初球をファウル・・・


No.18 2008年1月20日(日曜) 大阪vs名古屋 (京セラドーム)

●大阪ロマンズの村上隆行が好守備を連発し一発。名古屋・杉下茂監督のV2を阻止?
「序盤の攻防が大事。西本聖に託した。」

名古屋80D’sersの杉下茂監督

(撮影:浅野豊親)
5回裏に強烈な2ランを見舞う!

大阪ロマンズ・4番の村上隆行

名古屋80D’sersは残りが2試合。連勝を飾って6勝2敗なら、今季リーグ最終戦で札幌アンビシャスが大阪に敗れることで、大逆転のV2が見える。そんな、虎視眈々と優勝を狙う杉下茂監督の前に立ちはだかったのが、大阪ロマンズの4番・村上隆行だった。



No.17 2008年1月14日(月曜) 名古屋vs福岡 (ナゴヤドーム)

●野中徹博が踏ん張り、長嶋清幸が延長サヨナラ!名古屋は優勝をあきらめない
福岡ドンタクズ4番・藤本博史

初回にタイムリーを放つ
名古屋80D’sersの長嶋清幸

優勝への執念か、10回裏に
サヨナラ打を放つ

10回裏同点、福岡バッテリーは山田和利、酒井忠晴を歩かせ、遂にワンアウト満塁。打席は長嶋清幸。1球目ボール。2球目ファウル。そして運命の3球目。フルスイングの打球は、センターへのクリーンヒット。二塁打の斉藤浩行を還すサヨナラ打。「普段からバットを振ってきた。気持ちで負けてはいけない」と涙、涙の長嶋清幸。「二塁打の斉藤浩行も、長嶋清幸もよく打った」と興奮する杉下茂監督・・



No.16 2008年1月14日(月曜) 大阪vs東京 (京セラドーム)

●大阪ロマンズが6回に爆発!5得点の初勝利。東京ドリームスは最終戦も黒星・・
東京の伊東勤が伸び伸びプレー

チームの最終戦のスタメンマスク
(撮影:小野俊哉)
大阪の福本豊がタイムリー

初勝利へ向けて好守備を見せる
(撮影:浅野豊親)
東京の駒田徳広が、何と「隠し球」を成功させた。4回裏、安打で出塁した南牟礼豊蔵がリードを取ったところを、ファーストの駒田がスルスルとタッチ。審判も最初は気付かなかった鮮やかな珍プレー?「意地悪かな、とも思ったけど、タイミングがよかった」


No.15 2008年1月2日(水曜) 札幌vs東京 (東京ドーム)

●石井雅博が一発。天王山を札幌アンビシャスが制し、5勝2敗の単独首位!

名球界一のガンコ男・村田兆治が投げる

140キロ探求の意欲は衰えない
(撮影:小野俊哉)
「相手エースを打ってこそ4番。」

石毛宏典vs村田兆治の対決は?
(撮影:浅野豊親)

札幌アンビシャスの「ブリザード打線」が爆発したのが4回と5回裏。安打の高田誠を、石井雅博が三塁打で還し、5回は首位打者の荒井幸雄から4連打。東京の土橋正幸監督はたまらず、村田兆治をマウンドに送るのだが・・


No.14 2007年12月29日(土曜) 福岡vs大阪 (ヤフードーム)

●故稲尾和久監督の追悼試合に福岡ドンタクズが勝利。東尾修、池永正明が投げる!
福岡ドンタクズの稲尾和久監督

「ワシの後継者、池永、お前投げろ!」の
元気な声が懐かしい
大阪ロマンズの吉田義男監督

「稲尾監督との想いでは尽きない。」
(撮影:浅野豊親)

先手は福岡ドンタクズ。3回、木下富雄が出塁。カズ山本が安打でつなぐと、4番に座る藤本博史が、すかさずタイムリーを放ったのだ。先発は東尾修。そして2番手は、池永正明が登板・・・


No.13 2007年12月24日(月曜) 札幌vs福岡 (札幌ドーム)

●札幌アンビシャスが大爆発!12安打の15得点し、福岡ドンタクズを粉砕
「達川さんの、ささやき戦術は困ります。
時々ホントのことを言うから。」

福岡に勝ちたい”ウォリアー石井雅博”
「マサヒロよ。のう、お前とワシとどっちが
男前か、ファンに聞いてみんか?」

札幌に負けたくない”男・達川光男”


札幌アンビシャスは初回3点、2回2点。さらに5回以降、安打が止まらず、その後も10得点。ウォリアー石井雅博は、遂には4安打4打点。荒井幸雄は打率5割5分の首位打者に立ったのだ・・・


No.12 2007年12月18日(火曜) 東京vs名古屋 (東京ドーム)

●名古屋エイティデイザーズが優勝に名乗り!村田兆治、打たれる
「1月2日の東京ドームで目指す。」
東京ドリームスの村田兆治

6シーズン連続の140キロはいかに
(撮影:スポーツ・アクセス)
「村田さんからヒットを打つ。」
名古屋80D’sersの斉藤浩行

たくましさを増した名古屋の戦士
(撮影:浅野豊親)

名古屋は、7回表に前原博之がスクイズを決めるなど、計6得点を上げ、16安打の猛攻。前原は2盗塁を決め、彦野利勝が2度に渡って激走するなど、走塁でも東京ドリームスを圧倒・・・


No.11 2007年12月15日(土曜) 福岡vs東京 (沖縄・宜野湾)

●福岡ドンタクズが東京ドリームスを負かす!福沢洋一が延長サヨナラ打
「稲尾和久との想い出はつきない。」
東京ドリームスの土橋正幸監督

沖縄でこれだけのファンは本当にうれしい
福岡ドンタクズの故・稲尾和久監督の
ユニフォームが選手を見守る

稲尾さんに最高の勝利をプレゼント

・・カズ山本は敬遠され、遂に満塁となり、打者は福沢洋一。粘った末、カウント2−2から放った打球は、見事なライト前。代走の永射保がサヨナラのホームを踏んで、2対1と勝利を・・・


No.10 2007年12月15日(土曜) 札幌vs名古屋 (大館ドーム)


札幌アンビシャスが秋田で大勝。駒崎幸一と石井雅博が活躍!吉永幸一郎2ラン
4番に指名されたコンコルドと言えば?

東京ドリームスの淡口憲治
僕も4番に昇格。負けじとライナーを打ちまっせ!

名古屋80D’sersのデカ高橋智

札幌は、前回の試合に続き、打線が好調。序盤の攻撃がすばらしく、まず初回裏。巧打を誇る高橋雅裕が二塁打で出塁し、2番の鈴木康友が三塁線を見事に抜くタイムリー。



No.9 2007年12月9日(日曜) 大阪vs札幌 (京セラドーム)

●大阪ロマンズが大敗。札幌アンビシャスは、首位獲りに名乗りの10得点!
「今日は山崎慎太郎が抑えるはず。」

大阪ロマンズの吉田義男監督
(撮影:浅野豊親)
「土井正三監督に勝利と元気を送りたい。」

伝説の『多摩川ブルース』を遂に熱唱か?
(札幌の柴田勲・監督代行)

「野田君よ、打たれすぎや。」と吉田義男監督がマウンドで怒る。6連打を浴びてしまったのだ。札幌は、駒崎幸一が二塁打を含む3安打を放つなど計18安打の10得点。淡口憲治は2打点を上げ・・


No.8 2007年12月8日(土曜) 東京vs名古屋 (横浜スタジアム)


●東京ドリームスが独走4連勝。若生智男が投げ、黒江透修が安打に犠打!
「ユニフォームを着ると年を忘れるよ。」

東京ドリームスの黒江透修
(撮影:スポーツ・アクセス)
「もう一度指導者のユニフォームを着る夢。」

名古屋80D’sersの権藤博が投げた。
足を高く上げるフォームは昔のまま。

名古屋の先発は「権藤、権藤、雨、権藤」の名句を生んだ、あの権藤博。対するは、しぶとい打撃のV9戦士、黒江透修。初球73キロのスローカーブの次、2球目内角ストレートを打つとライナー・・・


No.7 2007年12月2日(日曜) 東京vs札幌 (東京ドーム)


●東京ドリームスが開幕3連勝。柴田勲vs尾崎行雄の46年振り甲子園対決が実現!
「投げる喜びをファンに伝えたい。」

東京ドリームスの村田兆治

(撮影:スポーツ・アクセス)
「初打席は三振したもんで。」

新人の鈴木健が打つ!
(ヤクルトから、遂に参戦)

土橋正幸監督率いる東京ドリームスが開幕から3連勝を飾った。5回表、若松勉の代打に柴田勲が打席に立つと、マウンドに登ったのは怪童・尾崎行雄。46年振りの甲子園対決が実現の結果とは・・


No.6 2007年12月1日(土曜) 大阪vs福岡 (サーパス)

●福岡ドンタクズが故・稲尾和久監督に捧げる初勝利!大阪ロマンズ3連敗の脱落
「今日も新ピッカリで刺します。」とは?

ファンに大人気。ピッカリ投法の佐野慈紀

(撮影:浅野豊親)
「これは、まぶしくて打てないかもなア。」

福岡ドンタクズのカズ山本が打つ

福岡ドンタクズは浜名千広が3安打。福沢洋一が二塁打、坊西浩嗣がタイムリーを放つなど打線が9安打を放ち5得点。大阪ロマンズの佐野慈紀は、またも「ピッカリ牽制」を試みたが、これが何と・・・ 



No.5 2007年11月24日(土曜) 
名古屋vs大阪 (ナゴヤドーム)


●名古屋エイティデイザーズが2連勝の首位!4回に4安打を集中。大阪ロマンズは連敗
大阪ロマンズの川藤幸三

「大阪は東京だけじゃのうて、最近は
名古屋にも負けたらあかん。」

(撮影:浅野豊親)
「三振を取ると気持ちえーでかんわ。」

名古屋80D’sersの鈴木孝政


3回、名古屋のコアラ長嶋清幸が先頭安打で出塁すると、鈴木伸良がエンドランを決め盗塁。前原博之が山崎慎太郎の3球目を、まさかの・・? 



No.4 2007年11月23日(金曜) 福岡vs札幌 (鴨池)

●アンビシャス打線が爆発!24安打の14得点で大勝!優勝戦線へ名乗り
「一発大きいのを打って沸かせたい。」

マスターズリーグ初。通算2000本安打の
福岡ドンタクズは松永浩美
「小さいのを安打製造して沸かせたい。」

札幌アンビシャスから参戦の荒井幸雄


ここまで打つか?新加入の荒井幸雄が4安打に鈴木康友が遂には5安打!さらに石井雅博が長打、長打の嵐!福岡ドンタクズの松永浩美も三塁打に本塁打で対抗するが・・・ 



No.3 2007年11月17日(土曜) 福岡vs東京 (福山)


●東京ドリームスが開幕2連勝! 本西厚博が9回に決勝の一発!

2回初芝清がソロ本塁打、6回は福沢洋一が同点本塁打で追いつくも・・



No.2 2007年11月14日(水曜) 東京vs大阪 (東京ドーム)

●東京ドリームスの駒田徳広が3安打の白星発進

好例のオープニング対決。東京の先発は世界の左腕・江夏豊。対するは世界の盗塁王・福本豊に対して、カーブ、カーブと・・・



No.1 2007年11月11日(日曜) 札幌vs名古屋 (札幌ドーム) 


●07−08新シーズンの開幕ゲームは、昨年の覇者名古屋80D’sersが軽く先勝!
「もう一度好きな野球が出来る。」

目指すは胴上げ。名古屋の杉下茂監督

(撮影:浅野豊親)
「土井正三さんのためにも頑張りたい。」

勇気を与える優勝を。柴田勲・監督代行

(撮影:小野俊哉)

開幕の先発は名古屋エイティデイザーズは西本聖。札幌は最優秀投手賞の与田剛と発表・・・